658 台風15号顛末

9月8日に上陸した台風15号による南房総の被害はニュース等で皆さんご存じだと思いますが、


当日宿には5名のご宿泊のお客様がいらしたのですが、幸いケガ等はなかったので、まずはそれが一番ほっとしました。
翌朝の当施設はペンキや外壁がはがれ外の柱が1本折れ、フェンスの一部が吹っ飛び、全体砂まみれでまるで廃墟のお化け屋敷のような姿になっていました。しかし、窓ガラスが割れることもなく室内は砂が吹き込んだ以外のダメージはありませんでしたので、近くの布良や白浜地区に比べれば
本当にラッキーだったと思います。
しかし、その後におこった長期停電はきつかったです、断水はなんとか避けられましたのでそれは運がよかったと思います。
約10日ぶりに電気が通ったときにはホントにうれしかったです。
ただ、その後、お風呂の給湯器がやられていたり、パソコンやDVDプレーヤーが壊れたりと思わぬ出費が続き、宿泊予約は14日分キャンセルと
それなりに苦しい状況にはなっております。
外の剥がれたペンキはすぐに塗りなおして柱もとりあえず仮のものをあてていますので、どうにか現在は宿泊予約を再開することができました。
新しくパソコンも買いなおしましたので、ようやくこうして近況報告ができるようになりました。
停電中、多くの方に物資やお水等お持ちいただき本当にありがとうございました。
わざわざ遠くから足を運んでいただいた方もいらっしゃり感謝です。
ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
まだまだ近くの被害の大きかった地区は復旧の目途もたたず毎日の生活も大変な方も大勢います。
少しでも役にたてることがあればこちらが協力を惜しまないようにしていきたいと思っています。
お時間あれば皆さんどうぞ南房総へドライブや宿泊にお越しください。
地域の活性が戻ることこそ復興だと思います。
まだまだ台風シーズンは続きますので、気をIMG_2627.JPG引き締めて明日に向かって頑張りましょう!!

"658 台風15号顛末" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント